ちょっとしたときにも便利です

何気ない日常生活でも、まとまったお金が必要になることがあります。
たとえば出産です。
出産にかかる費用はある程度、国からお金が出ますが、そのあとのお祝い返しのお金は誰も払ってくれませんよね。
結婚式の場合は、お祝いにお金を包む人も多いかと思いますが、出産の場合は洋服などものでお祝いをくれる人が多いです。
そのため、意外とお祝い返しにお金がかかります。
会社の上司や同僚、友人、親類からお祝いをもらった場合、なるべく同じ日にお返しをしたいですよね。
何かのきっかけで、同時期にもらったお祝いのお返し時期がずれていることがわかると困ります。
1日2日ならいいですが、1か月も間を開けることはできないですよね。
そんな時、貯金がないと大変です。
こういった事は出産に限らず多々起こることです。
たとえば、旅行に行きたいと思ったとします。
子供2人の4人家族の場合、4人分の旅行代金を支払うのはかなりの額です。
しかも、旅行に行くときはやっぱりその土地で何かを買いたくなりますし、食べたくなるものです。
つまりお小遣いもある程度必要になってきます。
旅行に行きたいけど、まとまったお金を工面できない。
そんな時もありますよね。
そういった日常においてまとまった金額が必要なとき、利用すると便利なのがカードローンです。
借り入れ方法の一つなのですが、審査があまり厳しくないのが特徴です。
企業によったらその日のうちに審査が降ります。
そして即日、借り入れることが可能です。
保証人は必要なく、担保を入れる必要もありません。
また、一度審査が降りたら、限度額内であれば何度でも借り入れが可能です。
この時、そのお金の用途を申告する必要はありません。
正社員でなくても、一定の収入があればだれでも利用できる借り入れ方法です。
これなら、今月ちょっとピンチだなという時に気軽に借り入れができますよね。
ATMからでも利用が可能なため、気軽さも人気です。
上記のようなお祝い返しにまとまった金額が必要なときや、旅行に行くときなどのも利用できます。
返済方法は分割ですので、無理のない範囲内で返すことが出来ます。
しかし、金利が発生します。
基本的に銀行系の場合は金利が低く審査が厳しいと言われています。
消費者金融は審査があまり厳しくない分、金利が高いです。
ですので、短期借り入れならば消費者金融を、長期間をかけて返済をする予定ならば銀行を選ぶといいでしょう。
ほとんどの企業は1万円から借りることが出来ますので、ちょっと足りないという時にも大変便利です。
しかし、いくら気軽だからと言って複数社から借りるのはお勧めしません。
どこにいくら借りたのかわからなくなってしまうと、金利が膨らみ返済が困難になることもあります。
あくまで、自分の収入と返済可能な金額を計算してから利用してください。
そうすれば、もしもの時にとても心強い味方になってくれるでしょう。
日常生活でちょっと困った時は利用してみてはいかがでしょうか?カードローンは最も身近な借り入れ方法だと思いますよ。

窓口でカードローンを申込んだ時の流れ

カードローンを利用するためにはもちろん申し込みは必要です。
申し込み方法は複数存在します。
一般的に、カードローンは銀行で取り扱われている事が多いです。
銀行に足しげく行かれる方でしたら、窓口で申し込むという方法なども1つの選択肢です。
銀行では窓口での申し込みを受け付けているからです。
窓口で申し込みをする場合、いくつか書類が必要になってくるのだそうです。
1つ目は、本人確認書類というものです。
いわゆる身分証明書です。
免許証や保険証やパスポートなど様々な身元を証明するための書類を持って、窓口に行く必要があります。
2つ目は、印鑑です。
申込用紙を記入する事となりますので、印鑑が必要になってくるのだそうです。
思えば私も銀行の口座を作る時も、印鑑を用いた記憶があります。
申込用紙の捺印個所が複数あって、ちょっと戸惑った記憶がある方もいらっしゃいますでしょうか。
というよりも私が戸惑ったのですが。
そして3つ目は必須ではありませんが、場合によっては必要になってくるものです。
収入証明書です。
ただこれは、いくら融資を受けたいのかによっても異なってくるそうです。
ある銀行では100万円以上の融資を希望する場合は、源泉徴収票や納税証明書などの書類が必要になってくるのだそうです。
正直これは、各銀行やクレジット会社によって様々です。
それらの署名を持って、まず窓口に行きます。
そして申し込みをする訳ですが、もちろん審査が発生します。
審査で合格の場合のみ、カードローンが利用できるという事になります。
また、そのローン商品を利用するに当たっても、融資の「希望額」は様々あると思います。
審査の結果次第では、希望額よりも多少少なくなるケースなどもあります。
それは恐らくご自身の支払い能力などに関わってくるのかなと思いますが。
また場合によっては、審査を行っている会社から電話がかかってくるケースもあるそうです。
その電話に出ないと、お断りをされてしまうケースもあるのだそうです。
色々な意味で、審査は重要なポイントになってくるかなと思います。
なにせ審査に合格をしないと、ローン商品を利用できません。
ですので多くの方々はこの審査を否認しているそうです。
そして審査で合格でしたら、所定のカードを用いてローン商品が利用できるようになります。
ただその際、銀行でどのようなカードの申し込みをしたかによってもこの後の流れが少々異なります。
キャッシュカードでローンが利用できるタイプのものでしたら、もうキャッシュカードで融資を受ける事ができるケースもあります。
一方その融資を受けるためのカードが「専用カード」などの場合は、専用カードが手元に届くまでに多少時間がかかってくるケースもあるそうです。
なぜなら専用カードは郵送になるからです。
いずれにせよ窓口でカードローンの申し込みをした時の大まかな流れは、「書類の持参、申込書の記入、審査、そしてカードを受け取り」です。
ある意味このやり方が最も分かりやすいかなと思うのは私だけでしょうか。