カードローンを利用する際にはしっかりと返済計画を立てよう!

身近で便利なキャッシングサービスとして定評のあるカードローンですが、これまで利用した経験がない方は事前にシミュレーションを行って、返済計画をしっかりと立てておく事が重要です。
シミュレーションとはいって至極簡単な計算ですので、どなたでも簡単に出来ますので、いくつか候補を出しておいて毎月の給与等を考慮して、計画的に返済をして行く事をお勧めします。
最近は金融会社が頑張ってくれていてどんどん低金利融資を行ってくれますし、中にはキャッシングサービスでありながら一定期間無利息であったり、一定金額を180日間無利息にして融資をしてくれる金融機関もあるのです。
こうしたサービスはインターネットを活用すれば、一括比較サイトなどで簡単に調べる事が出来ますので、気軽に利用してみると良いでしょう。
金利は利用金額にもよりますが50万円程度までですと、最高金利が適用されるのが一般的です。
それでも銀行系のカードローンの場合には法定の最高金利である、18%ではなくて14%台や15%台が適用されるので、かなりお得にキャッシングサービスを受ける事が出来るのです。
そこで例えばこれから50万円のお金が必要になったとして、年利15%で融資を受けるとします。
その際の返済についていくつかシミュレーションをしてみましょう。
まず50万円を融資してもらって1年間で返済するとします。
そうするとまず利息計算ですが1年間で、500,000円×15/100=75,000円となります。
月々の返済は元金が500,000円/12=約42,000円となり、利息の月払いが75,000円/12=6,250円で、合計約48,500円の返済となります。
1年経つと元金と利息の合計で575,000円となります。
同じ50万円を半年で返済するとどのようになるのでしょうか。
まず利息は500,000円×15/100/2=37,500円となります。
月々の元金の返済額は同様の計算を行うと約83,000円となります。
利息の月払いは同様に6,250円となり、合計で約89,250円となります。
半年返済の際の元金と利息払いの合計は537,500円となります。
当然50万円を半年で返済するのでその分元金の支払いは多くなりますが、利息を加えた最終的な返済時の合計金額は圧倒的に半年の方がお得です。
カードローンを利用する際には同じ金額を借りても、その融資期間が短かければ短いほど支払わなければならない利息は減少するので、圧倒的にお得だという事が分かります。
最近のカードローンはとても使い勝手が良くなっていて、ボーナス等が入った際には一括返済も可能です。
ですので一度利用する際には出来るだけ早期返済に専念しましょう!またこうしたシミュレーションは各金融会社のホームページ上において、簡単に出来るようになっていますので、融資を受ける前や直後にはいくつか行っておいて、是非計画的な返済を行う事をお勧めします。
カードローンは大変便利ですのでそのメリットを最大限に活かしましょう!

郵送でカードローンを申込む方法

キャッシュカードを作る時、郵送で申込みをした経験がおありの方はいらっしゃいますでしょうか。
私はそれで作った事があります。
正直ちょっと時間がかかった記憶があります。
申込用紙を銀行に送って、実際にキャッシュカードが届くまでに大体2週間位かかっていたような記憶があります。
もっともかなり以前の話ですのでちょっと記憶があいまいなのですが。
キャッシュカードを郵送で作るのは、窓口の申し込みよりも時間がかかると思います。
窓口でしたら口座ができるまではそれほど時間はかかりません。
銀行員の方が即座に処理をしてくれますので、郵送よりもタイムラグはないと思います。
しかし郵送で申し込みをしてしまいますと、その書類が銀行に届くまでに時間がかかります。
銀行の支店から遠くにお住まいの方が郵送しますと、やはりどうしても時間がかかってしまうかなと思います。
逆に「時間はかかっても構わないので、郵送で申し込みをしたい」という方も多いと思いますが。
ケースは様々なものです。
であれば果たしてカードローンの場合もそれは可能なのでしょうか。
結論から申し上げますと、可能です。
ある銀行の場合も、郵送でカードローンの申し込みをするのは可能です。
ただ正直時間がかかります。
そもそも書類を手に入れなければなりません。
申込書を手に入れる方法も意外とポイントです。
いかにしてそれを手に入れるかによっても、時間が左右されます。
資料請求などをすれば、やはり時間がかかるかなと思います。
ただ銀行によっては店舗で申込書を設置してくれている事などもあります。
恐らくそちらの方が早いと思います。
そして申込書を手に入れたら、それに所定の書類を添付して銀行に送付をする事となります。
いわゆる本人確認書類と呼ばれる身分証明書が必要です。
状況によっては収入証明書などが必要になってくるケースもあります。
それら書類を添付して銀行に郵送します。
銀行はそれを受け取ったら審査を行います。
その審査で合格であれば、カードローンが利用できるという流れです。
流れ自体はそれほど難しいものではないと思います。
資料請求をして申込書を手に入れてカードローンが利用できるという流れです。
利用できるようになるまでには、片道3回分位の郵送のやりとりが発生するというところでしょうか。
ただ「資料請求」をする場合は、正直時間がかかると思います。
いま申し上げたように片道3回分も郵送のやりとりが発生するからです。
上記で申し上げた郵便事情によって時間がかかってしまうのは、致し方ないと思います。
片道1回で大体1週間かかるとしたら、最長で3週間はかかりますでしょうか。
ちなみにカードローンの申し込み方法は、郵送以外にも複数あります。
インターネットで申し込みできますし、銀行の窓口でも申し込み可能です。
もしも速やかにカードを発行したいとご希望されるのでしたら、なるべく郵送は避けておいた方が良いかと個人的には思います。
ただどうしても難しいようでしたら、この郵送を用いて申し込みをする事になると思います。