失職期間中の最大のピンチを救ってくれたカードローン

私がカードローンに申し込んだのは、ちょっと高価な洋服を買おうとしたときですね。
入社して数年しか経っていない頃で、経済的にも苦しかったんです。
でも、友人の結婚式に着ていく服がどうしても欲しくて…。
カードローンを使ってお買い物するなんて後ろめたい気持ちもありましたが、その頃は背に腹も変えられない状態だったんですね。
あまり考えもせずに申し込んで、数回のリボルディング払いでなんとか返済した覚えがあります。
それからずいぶん使用していなかったんですが、このまえ、久しぶりに封印を解いちゃいました。
でも、この時は、本当にこのサービスに申し込んでいてよかったなって実感しましたよ。
実際、カードローンに助けられたようなものだったんですからね。
実は私、会社の人間関係に悩んでいまして。
ずっと辞めるかどうか迷っていたんですよ。
でも、このままじゃ健康も精神も害するような気がして、きっぱりと退社して別のところを探そうと決意したんです。
ところが、いざ会社を辞めてからが想像していた以上にたいへんでした。
私は仕事にそれほどこだわりがあるわけじゃないので、次の仕事もすぐに見つかるだろうと楽観していたのですが、実際はそんな甘いものじゃありませんでしたね。
まわってもまわってもなかなか採用してはもらえません。
わずかな貯金と失業保険で生活していたのですが、就活期間が長引くほどに生活費がどんどん底をついてきたんですよ。
ひとり暮らしをしていたので、もうひっ迫しちゃって…。
人間関係が理由だったこともあり、親には会社を辞めたことも言っていませんでしたから、経済的に頼ることもできませんし。
友人に借りるなんてなおさら恥ずかしくてできません。
失業保険の期間も切れていよいよ追い詰められました。
ちょうどその時にカードローンのことを思い出したんですよ。
就職が決まってしまえば後で返してしまえば何とかなるわけですし、その頃には絞り込めてもきていて見込みが付けられそうだったので、思い切ってお金を借りました。
ひと月分ちょっとでしたけれど、なんとか食いつなげましたね。
本当に人生最大のピンチでしたけれど、地獄に仏とはまさにこのこと!再就職した先は、決してじぶんが望んだようなところではありませんでしたが、よい同僚にも恵まれて仕事にもやりがいを感じています。
借りたお金も、今は細々と返していますが、ボーナスが出たら全額返済できそうです。
こんな時代、何が起こるか分かりませんから、こういうものを持っていると安心ですよね。
みんな、月々のお給料を少ないながらもやり繰りして生活しているわけじゃないですか。
だけど、時には、冠婚葬祭やアパートの更新料とか、急に大きな入り用が必要になることって世の中にはありますからね。
当然、月々の生活費を削ってねん出するのは難しいですし、持ち合わせがなければ何かに頼るしかない、そんな時にはとてもベンリだと思うんです。
あとは、しっかりとした返済計画を立てることですね。
むちゃをしなければこんなにベンリなものはありませんよ。
上手に返せば、利子も少なくて済みますしね!ひとり暮らしの“緊急お助けアイテム”です!

カードローンは誰でも利用出来るのか?

ますます進化を遂げていて便利になっているカードローンですが、これから利用したい方にとっては果たして自分が利用出来るのか、不安になっている方や心配になっている方もいる事でしょう。
一体全体どういった方が利用出来るのでしょうか?まず年齢を見てみると20歳以上の方であれば利用出来ます。
最高年齢は金融会社によってまちまちですが、69歳未満、65歳未満あるいは60歳未満等様々です。
やはり高齢者になると死亡のリスクが高まるので、低年齢に設定している会社も目立ちます。
一般的には安定した定職に就いているサラリーマンや公務員等であれば、過去に金融会社との間で金銭的なトラブルでもない限り利用する事が出来ます。
中には年金受給者でも利用出来る場合もありますが、これは収入とは見なされずに利用出来ない場合もあるので、高齢者の方で定職に就いていなくて年金生活の方は、事前に金融会社に問い合わせを行っておくと良いでしょう。
定職者であれば利用する事が出来ますが、融資限度額は個々の収入や勤務形態等の状況によって差が出てきます。
それは2010年に施行された総量規制による制約です。
これによって年収の1/3までが融資限度額となっているので、大口融資を受けたくても原則受けられなくなっています。
例えば年収が450万円の方であれば150万円が融資限度額になります。
一方で750万円であれば250万となります。
最近では300万円、500万円や800万円と言った大口融資も利用出来ますが、このような大口融資は総量規制に照らし合わせると、現実的ではないと思うかもしれません。
しかしながら年収がそこまで満たしていなくても利用出来る場合があるのです。
それは銀行系のカードローンなのです。
なんとこのローンは消費者金融系や信販会社系のローンとは異なって、総量規制の対象外となっているので収入が基準値に満たしていなくても、大口の融資が受けられる場合もあるのです。
ですのでこうした方はまずは銀行系のローン会社に問い合わせをして、相談等をしてみてはいかがでしょうか。
カードローンが利用出来るのは定職者だけなのでしょうか?答えはズバリ、ノーです。
フリーター、パートタイム主婦やアルバイトの方でも、収入に応じて利用する事が出来るので是非申し込んでみて下さい。
前年度の収入に対して利用限度額が決定されますので、定職者と同様に年収の1/3を限度に融資を受ける事が出来ます。
同じ職場に長く勤めていればいるほど信頼性や信用性も上がり、より利用出来る機会も増えるので継続勤務が大事です。
最後に専業主婦の方ですが収入はありませんよね。
そうなると考えとしては利用出来ないと思われがちですが、旦那さんや世帯主の方が定職に就いていて安定した収入があれば、その事が保証となってカードローンを利用する事が出来るので大丈夫です。
これは専業主婦に限った事ではなくて無収入の方や学生の方も該当します。
ですのでまずは諦めずにカードローン利用をトライしてみて下さい。