郵送でカードローンを申込む方法

キャッシュカードを作る時、郵送で申込みをした経験がおありの方はいらっしゃいますでしょうか。
私はそれで作った事があります。
正直ちょっと時間がかかった記憶があります。
申込用紙を銀行に送って、実際にキャッシュカードが届くまでに大体2週間位かかっていたような記憶があります。
もっともかなり以前の話ですのでちょっと記憶があいまいなのですが。
キャッシュカードを郵送で作るのは、窓口の申し込みよりも時間がかかると思います。
窓口でしたら口座ができるまではそれほど時間はかかりません。
銀行員の方が即座に処理をしてくれますので、郵送よりもタイムラグはないと思います。
しかし郵送で申し込みをしてしまいますと、その書類が銀行に届くまでに時間がかかります。
銀行の支店から遠くにお住まいの方が郵送しますと、やはりどうしても時間がかかってしまうかなと思います。
逆に「時間はかかっても構わないので、郵送で申し込みをしたい」という方も多いと思いますが。
ケースは様々なものです。
であれば果たしてカードローンの場合もそれは可能なのでしょうか。
結論から申し上げますと、可能です。
ある銀行の場合も、郵送でカードローンの申し込みをするのは可能です。
ただ正直時間がかかります。
そもそも書類を手に入れなければなりません。
申込書を手に入れる方法も意外とポイントです。
いかにしてそれを手に入れるかによっても、時間が左右されます。
資料請求などをすれば、やはり時間がかかるかなと思います。
ただ銀行によっては店舗で申込書を設置してくれている事などもあります。
恐らくそちらの方が早いと思います。
そして申込書を手に入れたら、それに所定の書類を添付して銀行に送付をする事となります。
いわゆる本人確認書類と呼ばれる身分証明書が必要です。
状況によっては収入証明書などが必要になってくるケースもあります。
それら書類を添付して銀行に郵送します。
銀行はそれを受け取ったら審査を行います。
その審査で合格であれば、カードローンが利用できるという流れです。
流れ自体はそれほど難しいものではないと思います。
資料請求をして申込書を手に入れてカードローンが利用できるという流れです。
利用できるようになるまでには、片道3回分位の郵送のやりとりが発生するというところでしょうか。
ただ「資料請求」をする場合は、正直時間がかかると思います。
いま申し上げたように片道3回分も郵送のやりとりが発生するからです。
上記で申し上げた郵便事情によって時間がかかってしまうのは、致し方ないと思います。
片道1回で大体1週間かかるとしたら、最長で3週間はかかりますでしょうか。
ちなみにカードローンの申し込み方法は、郵送以外にも複数あります。
インターネットで申し込みできますし、銀行の窓口でも申し込み可能です。
もしも速やかにカードを発行したいとご希望されるのでしたら、なるべく郵送は避けておいた方が良いかと個人的には思います。
ただどうしても難しいようでしたら、この郵送を用いて申し込みをする事になると思います。