過払いとグレーゾーン金利

カードローンやキャッシングで多く支払いすぎているという例があります。
最近、「過払い」という言葉を聞いたことはありませんか。
テレビコマーシャルや新聞の折り込みチラシなどで、最近目にする機会も多いと思います。
その過払いこそが、多く支払いすぎているというものです。
では、過払いでは何を多く支払いすぎているのでしょうか。
過払いで多く支払いすぎているのは、元金ではなく、利息の方です。
利息を多く支払いすぎているなんて、犯罪まがいのようですが、実際にそうしたケースは多く報告されています。
ではなぜ、そのような事例が横行しているのでしょうか。
それは、「グレーゾーン金利」が大きく関係してきます。
そもそも、カードローンやキャッシングの金利を規制する法律には、2つの法律があります。
出資法と利息制限法です。
出資法では、年率29.2パーセント以上の金利で貸し出しを行うと、罰則を受けてしまいます。
一方、利息制限法では、借り入れている金額によって金利は異なるのですが、最高で20パーセントを超える金利で貸し出しをすると、法律違反となります。
しかし、罰則規定はありません。
つまり、20パーセントから29.2パーセントという金利で貸し出せは、違法状態ではあるが罰則はないという金利になります。
このゾーンのことを、グレーゾーン金利というのです。
現在では、出資法の上限金利を利息制限法のそれと同じ20パーセントに引き下げることによって、グレーゾーン金利は解消されています。