窓口でカードローンを申込んだ時の流れ

カードローンを利用するためにはもちろん申し込みは必要です。
申し込み方法は複数存在します。
一般的に、カードローンは銀行で取り扱われている事が多いです。
銀行に足しげく行かれる方でしたら、窓口で申し込むという方法なども1つの選択肢です。
銀行では窓口での申し込みを受け付けているからです。
窓口で申し込みをする場合、いくつか書類が必要になってくるのだそうです。
1つ目は、本人確認書類というものです。
いわゆる身分証明書です。
免許証や保険証やパスポートなど様々な身元を証明するための書類を持って、窓口に行く必要があります。
2つ目は、印鑑です。
申込用紙を記入する事となりますので、印鑑が必要になってくるのだそうです。
思えば私も銀行の口座を作る時も、印鑑を用いた記憶があります。
申込用紙の捺印個所が複数あって、ちょっと戸惑った記憶がある方もいらっしゃいますでしょうか。
というよりも私が戸惑ったのですが。
そして3つ目は必須ではありませんが、場合によっては必要になってくるものです。
収入証明書です。
ただこれは、いくら融資を受けたいのかによっても異なってくるそうです。
ある銀行では100万円以上の融資を希望する場合は、源泉徴収票や納税証明書などの書類が必要になってくるのだそうです。
正直これは、各銀行やクレジット会社によって様々です。
それらの署名を持って、まず窓口に行きます。
そして申し込みをする訳ですが、もちろん審査が発生します。
審査で合格の場合のみ、カードローンが利用できるという事になります。
また、そのローン商品を利用するに当たっても、融資の「希望額」は様々あると思います。
審査の結果次第では、希望額よりも多少少なくなるケースなどもあります。
それは恐らくご自身の支払い能力などに関わってくるのかなと思いますが。
また場合によっては、審査を行っている会社から電話がかかってくるケースもあるそうです。
その電話に出ないと、お断りをされてしまうケースもあるのだそうです。
色々な意味で、審査は重要なポイントになってくるかなと思います。
なにせ審査に合格をしないと、ローン商品を利用できません。
ですので多くの方々はこの審査を否認しているそうです。
そして審査で合格でしたら、所定のカードを用いてローン商品が利用できるようになります。
ただその際、銀行でどのようなカードの申し込みをしたかによってもこの後の流れが少々異なります。
キャッシュカードでローンが利用できるタイプのものでしたら、もうキャッシュカードで融資を受ける事ができるケースもあります。
一方その融資を受けるためのカードが「専用カード」などの場合は、専用カードが手元に届くまでに多少時間がかかってくるケースもあるそうです。
なぜなら専用カードは郵送になるからです。
いずれにせよ窓口でカードローンの申し込みをした時の大まかな流れは、「書類の持参、申込書の記入、審査、そしてカードを受け取り」です。
ある意味このやり方が最も分かりやすいかなと思うのは私だけでしょうか。