意外な方がカードローンを利用しています

カードローンを利用する目的の第一は金欠でしょう。
リストラ・失業、度重なる出費により、手持ちのお金が足りなくなることはあります。
こんなときは貯金を切り崩す方が多いのですが、残しておきたい貯金もあるはずです。
すべて切り崩してしまえば、本当に貯金を使いたいときに困るでしょう。
こんな場面で役立ってくれるのがカードローンなのです。
利用者の多くはサラリーマンであり、かつてサラ金と呼ばれていたことからも、イメージしやすいはずです。
サラリーマン以外ですと、派遣社員、パート、アルバイト、自営などの方が利用しております。
サラ金とは言いますが、サラリーマンの利用者が多いだけであり、職業で利用を制限されるわけではありません。
ただ、借りやすい職業と、借りにくい職業はあります。
借りやすいのは医者や弁護士、公務員、サラリーマンの方です。
借りにくいのは非正規雇用の方、パート、アルバイト、自営、社長、芸能人などです。
社長や芸能人はお金持ちというイメージがあるでしょうが、儲かっているときと、そうでないときの差は非常に激しいのです。
そのため、安定していないと判断されてしまうのです。
しかし、借りにくいというだけであり、借りられないわけではありませんので、確実に返済できる範囲で借り入れを希望してみましょう。
「借りられない」という方の多くは、返済が難しい金額の借り入れを希望している傾向があります。
医者や弁護士にしても、返済が厳しくなるような金額の融資を希望しても、借りるのは難しくなるはずです。
やはり、職業に関係なく、自分の返済能力の範囲で借りるのが賢い使い方でしょう。
カードローンの利用者でめずらしいのは、弁護士、警察官、公務員などでしょう。
これらの職業の方は収入が安定しているイメージがあるので、消費者金融からお金を借りるとは思えないでしょう。
しかし、経済状況には個々の事情がありますから、「安定した職業=お金持ち」とは限りません。
医者に関しては少ないそうですが、独立開業している方ですと借りている方もいるそうです。
「お金がないから必要」「お金があるから不要」という方程式は当てはまらないということです。
意外と利用者が多いのは自営業の方です。
銀行の貸付は、個人事業の方は借りにくい傾向がありますので、消費者金融から借りる方が少なくありません。
ただ、銀行の融資においても、カードローンに関してはそれほど審査が厳しくなく、自営業の方でも借りやすくなっています。
学生・主婦の利用者もおります。
学生とは大学生や専門学校生のことを指しており、原則として20歳以上が融資の条件となっています。
融資が20歳からとなっているのは、自己責任を取れる年代であるからです。
20歳未満で借りられる学生ローンの場合は、親の保証人を設定したうえで申し込むのが一般的です。
主婦の方はパートやアルバイトで働いていることが多く、カードローンの利用者は意外と多いです。