収入証明書がカードローンの申込みで必要になる事も

カードローンの申込みをする際、大体どれ位の金額の借り入れを検討しておりますでしょうか。
この金額が意外と重要なポイントになってきます。
金額というのは、もちろん融資を受けたい金額の事です。
10万円を借りたいというニーズなどもあれは、60万円ほど必要というニーズなどもあるかもしれん。
その金額によっては、実は別途書類が必要になってくるケースもあるのです。
一般的に多くのカードローンの会社では、50万円がボーダーラインになっているようです。
あるクレジットカード会社の場合、50万円以上の借り入れを希望する場合は別途書類が必要になります。
ただしそれもやはり会社によって様々です。
銀行によっては100万円以上の場合は、別途書類が発生するというケースなどもあります。
ところで果たしてどのような書類が必要になってくるのでしょうか。
結論から申し上げますと、現在どれ位の収入があるのかを証明するための書類です。
多くの金額の借り入れをしたい時は、収入証明書という書類が必要になってきます。
やはり銀行やカード会社としては、安定収入があるか否かを確認したいのかもしれません。
やはり貸したお金を返してほしいという考えがあるからだと思います。
ではどのような書類が収入証明書として認められるのでしょうか。
例えば源泉徴収票です。
この源泉徴収票は、会社の従業員の方でしたら請求をすれば発行をしてもらう事が可能です。
実際に私も確定申告のために、勤め先からこの源泉徴収票を何度か発行してもらっています。
他にも書類はあります。
例えば確定申告で控えた書類です。
確定申告をしますと、税務署から控えが渡されます。
その控えには、去年の所得は大体どれ位だったのか等の年収が記入されているものです。
ポイントはその書類に、ハンコが押されているかどうかです。
税務署からのハンコが押されていないと無効になってしまう可能性がありますので注意が必要です。
他にも書類はあります。
例えば年金を受け取っている事を証明する書類です。
所得証明書という書類なども、収入証明書として認められる事もあります。
または人によっては雑所得などを得ているケースなども考えられますので、その際は支払調書などでしょうか。
それも証明書類として認められるのだそうです。
いずれにせよどの書類が収入証明書として認められるかは、やはり会社によって様々です。
あるクレジットカード会社では、上記で申し上げた書類のほぼ全ては収入証明書として通用するようです。
銀行の場合は、必ずしも上記の書類の全てが通用するという訳でもないようです。
いずれにせよ書類に関して、必ずホームページのどこかに記載があります。
それも確認の上で申し込む必要があるかと思います。
なおもちろんこの収入証明書だけで申し込みができるという訳ではありません。
収入証明書以外にも本人確認書類も必要になります。
窓口で申し込みをするのでしたら印鑑なども必要になってくるものです。
しかしカードローンを用いての融資の希望金額などによっては、収入証明書という書類も必要になってくるという点だけは覚えておいた方が良いかと思います。
いざそれが必要になってきた時に、ちょっと戸惑ってしまう可能性があるからです。