個人事業主や中小企業のオーナーにも活用して欲しいカードローン

中小企業のオーナーや個人で事業を営んでいる個人事業主の方でもカードによる融資を受けることは可能です。
個人でお金を借りるよりも借りやすい反面、銀行に直接融資を受けるよりも金利が高めとなります。
事業性資金をカードローンにより調達する場合は、短期的な資金借入時に利用するとよいでしょう。
設備投資目的や長期的資金の調達には向いていないので注意が必要です。
事業性資金を扱っている会社は銀行系のみならず、信販系や消費者金融系の金融会社でも取り扱っています。
特に事業を始めたばかりの最初の1,2年は資金不足に悩まされますし、
事業主が各経費を自腹で立て替えておくことはざらにあることです。
そんな事業を始めたばかりの経営者の方には、
是非資金調達の一つの方法として抑えて頂きたいのです。
事業者向けカードを使ったローンの特徴として、一定の限度額までなら無担保無保証により貸付を行ってくれる、ということが挙げられます。
事業のためとは言え、身内ですら簡単に保証人にはなってくれないことも多いので、
この無保証は大変助かりますね。
さらに、個人で借りる場合に引っかかりやすい総量規制の対象外でもあります。
持っておくと非常に使い勝手のよいツールとなりますので、
もしこれまでに事業性融資を銀行から直接受けている方は、
その銀行のカードローン用のカードも作成しておくとよいでしょう。
いつやってくるか分からないピンチをカバーしてくれる事業者向けのカードローンは、
いつでも上手に活用したい物ですね。