何度も審査に通らない理由は申込書にあった?

カードローンを申し込んだのに、審査に通らなかったという経験はありますか?
せっかく借りようと思ったのに、残念な気持ちですよね。
もう一度申し込む前に、少し審査のポイントを見ていきましょう。
まず、審査基準というものがあります。
特に重視されるのは、年収、勤務年数、居住年数の3つです。
カードローン会社によって審査基準には違いがありますが、最近ではアルバイトやパート勤務でも楽々審査に通るところも増えて、主婦の方でも利用されているので、そんなに緊張することはありません。
勤務年数についてや居住年数についても会社によって基準が違います。
いずれも、目安として3年という期間が設けられているようですが、それも年収と同じく、3年に満たなくとも通れるカードローン会社はたくさんありますよ。
そして、実は審査に落ちてしまう一番多い理由は、申込書に不備がある場合なのです。
住所を記入するときに誤字があったり、正しい住所になっていなかったりと、実際に使っている住所と正確な住所と違いがあっても通らない理由になるのです。
意外なのですが、住所は崩して書いてもきちんと届くので、正確な住所を知らないという方は多いのですよ。
あとは、必要事項の記入漏れや、 字が汚くて読みにくいなども審査に落ちる理由の一つになってしまいます。
きちんと丁寧に申込書を記入するというのは至極当然のことなのですが、案外ここで失敗してしまい、審査に通らなかったという人もたくさんいます。
それでは、何度申し込んでも同じ結果ですよね?
自分では審査に通らない理由がないという方は、諦めず、一度そういった基本的なことを見直してみるのをおすすめします。