カードローンをネット申し込みする時の流れ

ある銀行でカードローンの申し込みをする時は、インターネットで行う事が可能です。
銀行ですので、もちろんキャッシュカードも発行しています。
しかしキャッシュカードの申し込みは、インターネットではできないのだそうです。
キャッシュカードの申し込みをする時は基本的には店舗に足を運ぶか郵送かテレビ電話だそうです。
キャッシュカードをインターネットで申し込む事はできませんが、カードローンの申込みは可能なのだそうです。
ところで具体的な方法ですが、まず銀行のホームページにアクセスして申込のためのボタンをクリックします。
すると色々と情報を入力するページに遷移します。
そのページで個人データをもろもろ入力し、銀行にデータを送信する事となります。
ちなみに入力する個所はかなり多いです。
やはりお金に関わってくる商品だけに、入力個所もやや多めというところでしょうか。
そしてデータを入力し終わった後は、そのデータを元に銀行にて審査が実行されます。
そしてその審査の結果が通知される訳ですが、通知されるまでのスピードはかなり早いようです。
なぜなら、早ければ30分位で審査の結果が分かるのだそうです。
そして審査で合格でしたら、もちろんカードを受け取る事となります。
その銀行の場合は、受け取る方法は2種類存在します。
テレビ電話を用いてカードを受け取る方法が1つ目です。
ただし、免許証などの書類を持参する必要はありますが。
2つ目は郵送です。
ただこの場合もやはり書類を送る必要はあります。
郵送やFAXで銀行に書面を提出しなければなりません。
また銀行所定の申込書も送らなければなりません。
ですのでカードを受け取るまでのスピードを考えますと、上記の銀行の場合はテレビ電話の方が若干早いかなと思います。
もっともテレビ電話が有る場所まで足を運ぶ必要があるのですが。
キャッシュカードではこのような段取りはありません。
前述のように郵送かテレビ電話か店舗での申し込みになるからです。
そしてカードを受け取った事により、めでたく商品を利用できるという流れになります。
したがって流れとしては「インターネット申込み、審査結果通知、書類提出、カード受け取り」となります。
この流れでポイントになってくるのは、カードをいかにして受け取るかというところでしょうか。
やはり郵送で受け取る事になりますと、どうしても時間がかかる事は明白です。
少しでも早くカードを受け取りたいのでしたら、この銀行の場合はテレビ電話を用いる事になるだろうと思います。
しかし銀行によっては、店舗でカードを受け取る事も可能だそうです。
それはやはり銀行によって様々です。
ちなみにクレジットカード会社によっては、インターネットで受け付けをした場合はカードが郵送になってくるというパターンが多いようです。
どのようなやり方が採用されているかなどは、やはり銀行もしくはクレジット会社それぞれ異なっている訳です。