カードローンは上手に使えば味方になる

カードローンと聞くと、身構えてしまう方もいるのではないでしょうか。
聞こえは良いかもしれませんが、カードローンは、結局借金。
できることなら借金を作りたくないし、返済苦になるから利用したくないという方は多いでしょう。
しかし、それでもどこからか借金しなければならない場合もあると思います。
家電が壊れたので至急買わなければならない、冠婚葬祭が重なったのでお金が入用になったということもあるでしょう。
このようなときに便利なのが、カードローンです。
私も日々の生活の中で、ちょっと困ったときに利用しています。
その都度保証人を立てる必要もありませんし、コンビニから簡単に現金を引き出すことができます。
まとまったお金が入ったときには繰り上げ返済ができるカードもあります。
私の場合、ボーナスが入ったりしたときに、まとめて返済するようにしています。
できることなら借金は増えないほうが良いので、返せるときには返してしまいたいのです。
そうしておけば、借金苦に陥ることなく、親戚づきあいも、いきなり故障してしまった家電も、なんとか遣り繰りして都合をつけることができます。
ただ、あくまでも「借金」です。
借金苦に陥らないためには、返済可能な範囲内で利用することが重要でしょう。
また、「自分は借金をしている」という自覚を持つことも大切だと思います。
上手に使えば、日々の生活の中で力強い味方となってくれるでしょう。
一枚は作ってお財布の中に、いざというときのために入れておくのもお勧めです。