カードローンの申込みで必要な本人確認書類のポイント

世間一般的には申し込みや契約などが発生する際には、書類というものが必要です。
そもそも我々が銀行の口座を持つためにも、書類は必要です。
例えば銀行の口座を開設する時です。
いわゆる免許証や保険証などを銀行の窓口の方に提出をしたものです。
カードローンでももちろんそれは必要なのです。
いわゆる本人確認書類と呼ばれるものが必要になってきます。
「本人確認書類」という名前はちょっと特殊な響きがありますが、簡単に言うと身分証明書の事です。
この本人確認書類という表現は、なぜか多くの金融商品に対して用いられているケースが多いです。
それはともかく、カードローンにおいては本人確認書類は重要なポイントになってくるようです。
なぜならこの書類がないと、そもそも申し込みができないからです。
必要な本人確認書類は、各会社によってさまざまです。
ほとんどの場合、免許証などは本人確認書類として通用するようです。
銀行の口座開設の際にもこの免許証は通用するものです。
証券会社で口座を作るのも、免許証で通用する事が多いですが。
もちろん免許証だけではありません。
いわゆるパスポートや保険証や福祉手帳なども、身分証明書として通用するものはいくつも存在します。
そしてこれらの身分証明書を提出する際、色々と確認をしなければいけない点があります。
1点目は、有効期限です。
これは期限切れの申込書をカード会社や銀行などに送付しないように気をつけたいものです。
もっとも、それは当然の事ですが。
2点目は、申込書に書いた情報とそれらの本人確認書類の情報を一致させる事が必要なのだそうです。
例えば申込書に対してAにと記入したのに、本人確認書類ではBと記入しているなどです。
両者の記載に食い違いが生じてしまいますと、ちょっと審査に引っ掛かってしまう可能性などもあるそうです。
ちなみに銀行ではこの理由によって、口座開設をお断りされてしまうケースなどもあるそうです。
3点目は、書類を送る際に判読可能かどうかです。
クレジットカード会社にしても銀行にしても、この書面によって身元を確認するわけです。
その書面に何が書いてあるのか分からないと、やはり担当者としても困ってしまいます。
場合によっては再提出を依頼されてしまう事などもあります。
コピーなどの画像が判読不能になっているかどうかを確認するのは大事だと思います。
なにせ急いでいる時などにこの再提出が発生してしまいますと、それだけ審査が長引いてしまうものです。
せっかく即日の融資が実行できるカードローンであっても、書類が判読不能という理由で審査に時間がかかってしまっては少々もったいない話だと思います。
ですので、必ず判読「可能」な書面を提出するのが基本姿勢になってくると思います。
なるべく早く審査を済ませたい時ほど、この「単独可能かどうかの確認が大事」ではないかと個人的には考えております。
ちなみに書類によっては、本籍地など一部を黒く塗りつぶさなければならないケースなどもあります。
それも全て銀行のホームページなどに記載されているものです。
それら提出ルールもしっかり守っておきたいものです。
融資を急ぐ時ほどルールが大事かなと思います。