カードローンの審査に落ちてしまった、その理由とは?

「お金を借りよう」と思ってカードローンの審査を受け、落ちてしまったという経験があるという方はいますか?
きちんと定職について安定した収入もあるはずなのに、どうして審査に落ちてしまったのか、気になりますよね。
何度も審査を受け、そのたび落ちてしまうとなると、悲しいですし、急いでいる場合は時間の無駄にもなります。
では、審査に落ちる理由とは一体なんなのでしょうか。
理由はその方その方で変わりますが、同時に複数のカードローンに申し込みをしてしまっているということが多いです。
別の会社なのだから分からないはず、と思いがちなのですが、金融機関は審査を行うときに、信用情報機関というところに照合をします。
その信用情報機関には審査の申し込みの記録も掲載されているので、他社への申し込みでも分かってしまうのです。
そのため、短期間に複数申し込んでいることが分かると、例えば借り逃げなどを心配され、審査に落ちる理由になってしまうのです。
解決策としましては、複数の会社に申し込むときには、時間をあけての利用をおすすめしますよ。
また過去、返済における何かしらのトラブルがあると、やはり審査に落ちてしまう可能性が高まります。
返済期限から一定期間以上遅れてしまった、返済の滞納といった場合には、同じく信用情報機関に記録が載ってしまうため審査に落ちやすいのです。
しかし、これらの事柄はあくまで一般のことで中には審査のゆるいカードローン会社もたくさん存在しますよ。
自分の信用に不安がある場合は、諦めずそういったところに申し込んでみましょう。