カードローンの審査で問われること

カードローンを利用するうえで一番考慮されるのは、「返済できるか?」です。
総量規制という貸付制限により、借り入れは年収の3分の1までとなっており、この範囲内での融資になるのは確かです。
(銀行、信用金庫などは除く)返済できるかどうかは、業者側の判断で決められますので、審査を受けてみるまでは結果は分かりません。
ただ、「簡易診断」と呼ばれるカンタンな審査を受ければ、大体の結果は分かります。
通常の審査とは異なり、何度でも自由に受けることができますので、融資を受けたい方はもちろん、そうでない方も利用できます。
金融機関のホームページを見れば、簡易審査のコーナーが用意されている場合もあるので探してみましょう。
カードローンを利用するためには、まとまった年収が必要となります。
具体的にいくら必要であるかはホームページには記載していませんが、200万円以上あれば借りられると言われています。
利用者にはパート、アルバイトの方も多く、年収200万円未満で借りている方も少なくありません。
そのため、審査では年収が低くても借り入れできますが、注意したい点としては総量規制に沿った借入額を希望することです。
年収300万円の場合、最高で100万円までの借り入れとなりますから、150万円を希望しても借りられません。
希望額は年収の3分の1に抑えておくことが必須であり、その範囲内のなかでもなるべく少ない希望額にしたほうが審査に通りやすくなります。
審査で問われる安定収入とは、「職業が安定しているかどうか」です。
年収の金額だけが審査対象になるわけではなく、「安定して収入が得られる職業であるかどうか」が考慮されます。
年収2,000万円の作家さんが消費者金融を利用しようとして断られたという話もありますが、これは収入が安定しにくい職業だと考慮されたためです。
もちろん、売れ続ける作家さんもおりますが、売れ続けることのほうが難しいでしょう。
テレビで見ない日はないほどの売れっ子芸能人が、急に見かけなくなるという話は実際によくあるものです。
収入が多くても安定していないと、審査では不利になるのです。
とはいえ、借りられないというわけではありません。
「収入が多いと、たくさん貸してもらえる」と漠然と考える方が多いのですが、審査では「返済できるか?」が考慮されます。
これは業者側の判断で決定することですので、審査は業者にゆだねるしかありません。
借りるために自分ができることは、「借りる金額を極力少なくすること」です。
70万円を希望しているならば、50万円まで圧縮できないか考えてみましょう。
借りる額を少なくすれば、当然のことながら返済する額も少なくなりますから、返済は確実に楽なものとなります。
本当に必要な金額であれば躊躇なく申し込むといいのですが、必要な金額以上を借りようとすると、審査のハードルが高くなる点を考慮するべきでしょう。
当然のことながら、70万円よりも50万円の希望額にしたほうが借りやすいです。