カードローンの口座開設のポイント

カードローンは、次のような特徴があります。
1 コンビニATMなどを使い24時間お金を借りることができること。
2 住宅ローンやマイカーローン、教育ローンのように使い道を制限されることがないこと。
3 保証人や担保を必要としないこと。
以前ならお金を借りるときには、使い道や返済計画を金融業者に説明し、頭を下げて借りなければならなかったのですが、カードローンでは人の介在を必要とせず気軽に借りて気軽に返すことができます。
カードローンの口座を開くときのポイントを説明します。
結論から言うと業者にはいろいろな種類があるので、その特徴を良く知ってから複数開いておくのがいいでしょう。
口座が一つだけでは心細いものです。
複数の会社から口座を開いておくと安心です。
カードローンの業者には、大きく分けて、消費者金融系、信販会社系、銀行系があります。
消費者金融系の特徴としては、審査が比較的通りやすいことです。
申し込んだ即日に融資が可能な場合もあります。
ネットや無人店舗などで申し込みができるため、煩わしい手間がかかりません。
その反面、金利が比較的高く15%~18%程度かかります。
消費者金融系の貸出枠の総額は年収の3分の1までという総量規制がありますので、複数の業者で口座を開いていると上限に達してしまい審査が通らないことがあります。
信販会社系は、クレジットカードに付帯してキャッシング枠が付いていて、自分でも意識せず、口座を開いていることが多いものです。
返済はショッピング枠と同じ日に銀行口座から引き落とされる場合がほとんどで、返済に関しての融通はあまり効ききません。
銀行系は、貸出枠に、総量規制がかかりません。
比較的大きな枠で貸出枠を設定できます。
また、金利も比較的低いです。
反面審査が厳しく年収証明や会社の在籍証明などを提出する必要があります。
いずれも一長一短がありますので、複数の口座を開いておくのがいいでしょう。
また口座を開くときは、ネットバンクとの相性がいいものを選びましょう。
自分のネットバンクの口座に24時間いつでも振り込ませることができ、返済する時も随時ネットバンク経由で返済できる業者ならば、使い勝手がよく便利です。
他の注目するべき点としては、キャンペーンの有無になります。
口座を開いた最初の1か月は金利をゼロにする業者が多いのですが、他にも随時金利をゼロにしたり、電子マネーで金利分を還元してくれる業者があるので、キャンペーン情報はいつもチェックをしておきましょう。
また、わからないことがあれば、親切に教えてくれるオペレータがいる業者は心強いものです。
サポートに電話をした時に、丁寧に教えてくれたり、相談に乗ってくれたりする業者の口座を一つは開いておきましょう。
カードローンはたいへん便利なものです。
短期間、少額の借り入れに留め、給料日には即返済をするようにしたら金利もあまりかかりません。
上手に活用してください。