カードローンの仕組み

お金を借りる機会の多い人は、ATMなどから手軽に利用できるカードローンを一枚持っておくと便利です。
好きなときにいつでもお金を借りることができます。
また通常の消費者金融からローンを組むよりも低金利なことが多く、その点でもお勧めです。
もちろん、保証人も必要ありません。
低金利でありながら保証人が必要ないのは、金融機関が指定する保証会社が保証しているからです。
そのことを知らないで利用している人もいるかもしれませんね。
保険会社が保証してくれるので、実はカードローンを申し込むときは、金融機関だけでなく、その保証会社の審査にもパスしなければカードを作ることができません。
つまり、金融機関と保険会社の両方の審査にパスしなければ、カードローンを利用することができない仕組みになっているのです。
また、保険会社が保証人の代わりになっているので、もし借りたお金を返済できなくなってしまった場合や延滞が発生したときは、その保証会社が金融機関へ代位弁済することになります。
そして、その後は保証会社が債務者に代位弁済した分の回収を行うことになります。
もしそのような事態になった場合は、金利の安かった金融機関からではなく、その保証会社から直接に借入れを行い、延滞したものとして扱われる可能性もあるので注意が必要です。
このような事態に陥らないためにも、無理な利用を極力控えて、返済計画をきちんと立ててから借りることが大切ですね。