カードローンのメリットとデメリット

急な出費の際、銀行などの金融機関に融資を申し込んでいては間に合わないものです。
銀行で融資を受ける際には、書類審査や担保の審査などがあり、時間もかかります。
銀行は営業日、時間が決まっていますから、時間的な制約がありますけど借入れ金額が大きく金利の安さがメリットと言えます。
融資実行までに時間的な余裕があればいいのですが、急な出費で発生して融資にスピードを求めるなら、カードローンが便利です。
銀行が営業していない休日や夜間でも、コンビニなどのATMなどで24時間利用できますし、インターネットでの利用も可能になっています。
銀行の店舗数よりもコンビニの方が店舗数が多いですし、24時間営業していますから、場所・時間的な制約がありません。
金利の高さがデメリットのように思われがちですけど、借りた日の翌日に返済する事もできますし、会社によっては無金利の期間を設定している場合もあります。
銀行の融資と違い、金利は日割り計算の場合が多いですから、上手く利用すれば金利負担も銀行融資より軽くなります。
元の融資金利は高いですから返済可能になった際には、早めに返済して金利を軽減する事を心がけたいものです。
多額の融資を受ける場合はメリットは少ないですけど、小額で短期間の返済の場合はカードローンが便利です。
各銀行によって融資基準が違い戸惑う事もありますけど、カードローンは全国一律の基準ですし担保や保証人が要らないですから審査も早く即日対応できるケースもあります。