カードローンと キャッシングの違いを記します

まず、ローンのイメージですが、大金の融資を受けて分割で少しずつ返済して行く、という感覚の人が多いでしょう。
これは、マイホームローン・マイカーローンを考えれば、言わずもがなです。
これらは、数百万円から数千万円といったお金を融資してもらい、一定の金額を毎月長い期間返済して行きますから。
さて、キャッシングですが、これは少額融資を受けて次の月に一括で返済する契約のもの、こういったイメージが定着してます。
そして、クレジットカードのキャッシング枠であれば、数十万円から百万円程のキャッシングが限度額ですから、いっそうこのイメージは強くなるでしょう。
ところで、本題のカードローンですが、冒頭で記した内容とは少しばかりイメージが違って来ます。
このローンは、契約してカードを作ってもらえれば、ATMなどを使って融資限度額内であればいつでも借り入れができる、金融商品なのです。
それに、小口の融資をして貰える金融商品がありまして、利便性があがって来てます。
また、キャッシングの場合は翌月一括返済と前述しましたが、現在では分割で毎月一定の金額を返済できるシステムを採用する金融業者が増えて来ていて、両者の区別が曖昧になりつつあるようです。
尚、カードを発行する金融業者は、銀行・信販会社・消費者金融がありますが、それぞれに利点・欠点はあります。
特に、消費者金融の場合は金利が高い・取り立てが厳しい、といったよくないイメージがありましたが、現在ではまるでイメージが変わって来ているのです。