カードローンとネット銀行の申込みの比較

ネット銀行の口座をお持ちの方はいらっしゃいますでしょうか。
ネット銀行は手数料などが格安なので、大変便利なものだと思います。
ネット銀行の申し込みの方法は、カードローンのインターネット申し込みと実はちょっと似た一面があります。
ネット銀行の場合、まず入り口の段階はホームページにアクセスをする事からです。
ホームページの所定のフォームに入力をする事となります。
色々な規約などに同意をして、個人データを一つ一つ入力する事となります。
そして今度は銀行に対して、本人確認書類と呼ばれるものを送らなければなりません。
この時、もしもスマートフォンをお持ちなのでしたらアプリを用いて本人確認書類をインターネットで送る事も可能なのだそうです。
また、郵送で送るという方法なども一応あります。
所定の用紙を利用して、本人確認書類をポスト投函します。
そして銀行に送付するというものです。
銀行は本人確認書類を受け取ったら、審査を行うのだそうです。
そしてその審査で問題がなければ、キャッシュカードが届きます。
あとはそのキャッシュカードを用いて、銀行の所定のページにログインするという流れだそうです。
ネット銀行となりますので、入出金のやりとりなどは基本的にインターネットを用いる事になるものです。
したがって大まかな流れとしては「ネット申し込み、書類の送付、審査、カードの受け取り、ログイン」というところでしょうか。
一方カードローンの申し込みなのですが、この流れの中でまずネット申し込みまでは共通しています。
この後の順番がずれます。
ある銀行では、ネット申し込みの情報を元に直ちに審査を行うのだそうです。
おそらく多くの方が心配をするのは、この審査でしょうか。
やはり審査に通らなければ、非常に便利なカードローンを利用する事ができないからです。
ただその審査が一体どのような基準によって行われているのかは不明となります。
勤続年数などが重要になってくるという説が濃厚ですが、それも定かではありません。
クレジットカード会社や銀行などは、その審査の基準を明らかにしていないからです。
いずれにせよ審査で問題がなければ、銀行に対して書類を送付するという事になります。
そして銀行は書類を受け取り、申込者に対してカードを発行するという流れです。
したがって流れとしては「ネット申し込み、審査は、書類の送付、カードの受け取り」となります。
多少の前後はありますが、どちらも流れは非常に似ているように思います。
考えてみれば、どちらも銀行によって取り扱われている商品です。
多少は順番の違いがありますが、やはり銀行で取り扱われている以上は大まかな流れなども共通しているのかもしれません。
ちなみにこのような流れは、ほかの金融商品などの申し込みをする際にもたまに見られます。
いわゆる先物取引の口座開設などは、この流れともちょっと似ているとも個人的には思うのですが。
どちらにしてもカードローンのネット申し込みの流れ自体は、簡単なものになっております。